2018年7月12日木曜日

近江町市場 能登半島ツーリング2018

5時過ぎに近江町市場に行くと、魚を売る店は、ほとんどが閉まっているか、閉めている最中だった。マップルに載っていた海鮮丼の店も閉まっていた。辺りをうろうろすると、海鮮丼が食べられそうな店もいくつか見つかるものの、いくつか見つけてしまうと、逆にどこにしたらいいのかわからなくなった。次の機会があるのかどうかもわからないので、できるだけいいものが食べたい、と思うものの、こういう時は何を基準に判断すればいいのか。自分の勘が当てにならないことには自信があるので、途方に暮れるしかない。
と思っていたら、マップルに載っている「ひら井」という店の別館が営業しているのを見つけた。流行りの店はこうやって上昇気流に乗るのだなあ、と実感しつつ、店に入った。
中途半端な時間なので、客は一人もいなかった。メニューをチラッと見て、近江町海鮮丼と生ビールを注文した。
運ばれてきた海鮮丼は、丼からあふれるようにいろんな種類の刺身が盛り付けてあった。海鮮丼を運んできたのは、バイトの高校生の女の子だった。女の子は、ちょっとぼんやりした口調で、刺身は一切れずつ小皿にとって醤油をつけて食べてください、と言った。
丼の縁にひっかけるようにして並べてある刺身は、一切れずつ違っていた。これだけたくさんの種類の刺身を一度に食べられるのはうれしいけれど、残念なことにどれが何という魚の刺身なのか全くわからない。さっきのバイトの女の子はさっさと奥に引っ込んで、おなじシフトのバイトの男の子とイチャイチャしゃべっている。男の子が頑張っていて、女の子も嫌ではなさそうだ。せっかくいい雰囲気なので声をかけるのも気が引ける。それに、この魚は何ですか、とあの子に聞いても、困った顔をするだけだろう。
海鮮丼は、おいしかった。どの刺身もおいしかったけど、刺身がおいしいのは当たり前と言えば当たり前、というところよりちょっと上くらいのおいしさだった。だいたい、刺身がおいしいのは当たり前、と言ってしまった時点で、さっきまで海鮮丼の店が決められなくて途方に暮れていた自分は何だったのか、ということになる。結局、どこの店で食べても、刺身っておいしいよね、という結果には大差がない、と自分で言ってしまって、じゃあ自分はいったい何を求めてさまよっていたのか。
いちいちめんどくさい自分だが、さらにめんどくさいことに気が付いた。
この魚、全部近海物なのかな。見た目を豪華にするために、外国産の魚の刺身も盛ってある、となった場合、この海鮮丼を近江町市場で食べる意味はあるのだろうか。自分の家の近所の、評判のいい魚屋で刺身買ってきて食べるのとの違いは何だ。うちの近所のうおてるという魚屋の刺身はとてもおいしい。
どうしてこんなにこんがらがってしまったのかわからないけど、生ビールの一杯目が終わるころには、すっかり全部ほどけた。きれいな刺身は一切れごとに味も食感も違っていて、どれもおいしかった。店の奥では、男の子と女の子が楽しそうに話をしていて、それはそれで微笑ましかった。
ちなみに、一番おいしかった刺身は、しめさばでした。

海鮮丼

0 件のコメント: